hot_eyes 雑記帳

オフィスに掲載しない「小ネタ」を描く場所

Story of 起承転結

INDEX /Story of 起承転結

Story of 起承転結/ モノ事の「構え」とは?その考察 起の巻 /その1 その2 承の巻 転の巻 結の巻 関連ページ/下書き

Story of 起承転結 - 結の巻 -

「結ぶ」 確かに「物語」には、オシマイ(お仕舞い)という、ピリオドを打つことが必要 「つづく」で結ばれたら、その次があるんだ?って思う 最近は、映画やアニメの世界では、泥鰌(どじょう)は1匹では泳いでは逝(い)けないらしく、ヒットした作品には…

Story of 起承転結 - 転の巻 -

「転(てん)」 東京に居た頃の、後半の5年位(~02年まで)は、よく自転車に乗っていた 都内で移動するとき、地下鉄などを使うより、意外と自転車で動いた方が、便利な面が多かった あるいは、その方が「地域の地続き」としての結びつきが、点と点(電車…

Story of 起承転結 - 承の巻 -

「Story of 起承転結」&「Story of 花鳥風月」は、それらはある面「裏おもて」の関係にあり、それは龍の姿をして、輝く鱗(うろこ)の様に、空に向かって登って行く風勢を、イメージしている ここは一つ「ガッテン!承知の助」な話しで、進んで行きたいと思…

Story of 起承転結 - 起 その2 -

「起」の巻/その2 それは同時に、いくつもの「物語」の流れがあり、どこが始まりとは、明確には言えない ただ、そこにあったのは「受け継いで欲しい」というココロの痕跡 Story of 風林火山とは、いま思うと「分類」すれば、富士さんからのメッセージ 「山…

Story of 起承転結 - 起 その1 -

もの事には2つの側面がある 人間には「現実&想像」の、2つの世界 むかし、この2つを相い対立するものと考えた「二元論」というものがあり、現実の世界だけに走ったモノは「現実主義」となり、想像の世界だけに走ったものは「原理主義」になった どっちが…

Story of 起承転結 -下書き-

「story of 花鳥風月」を書く前に、「起承転結」を書かなければならないようです 「花鳥風月」は、そのときどきの「美しい風景」 すべてが、ヒカリ輝いている風情 あるべき、この世の「姿カタチ」 言わば、理想的に物ごとが進んでいるときに見えている桃源郷…