hot_eyes 雑記帳

オフィスに掲載しない「小ネタ」を描く場所

コントラスト contrast

テレビの世界では、画像の、明暗の差や色彩の対比、最近はほとんど自動的にやってくれるから、DO!やるか?は、知らなくても、映像を楽しめる

白黒テレビの頃が、ショッチュウそれを弄(いじ)らないと、まともにドラマなんか見れたものではなかった

 

「総天然色」なんていう表現を使う様になったとき、「ツマミ」は2つに増えた

「明るさ」と「色合い」という、ボリュームが付いた

 

モノゴトの「違い」をはっきり、クッキリさせる!

 

そのためには、コントラストをキッチリさせればイイ

つまり「色合い」をなるべく逆の色で並べること

 

目立つ!ためには、同じトーンの色を使うのではなく、反対色を使うと、目に付きやすい

サイケデリックな色合いとは、反対色をたくさん隣り合わせに使って、目をチカチカさせること

 

人間界には「流行」といって、10年周期くらいの間に、色んな流行り廃りがある

ネクタイの太さ、流行色、スカートの丈...etc.

 

人生を色どる「嗜好の面」では、飽きる!ことがあるから、それでも良い

けれど、社会のシステムは、もうソロソロそんな「嗜好」ではなく「思考」で判断する時代にならなければ活けない

 

何の違いで、判断をするか?そして、勝負をするのか?

もうソロソロ「声の大きさ」とか「単なる論理」の違いだけで判断する時代は、終わりにしなければならない