hot_eyes 雑記帳

オフィスに掲載しない「小ネタ」を描く場所

モノの価値

♪ 世界に一つだけの花! なら、分かり易い

 

元来、色んなモノは、時間と空間の狭間に、たった一つしか無い!

のから、Only One!の存在

 

...なのだが、人間の思考(≒嗜好)は、

モノゴトを分類し、「同じ」モノを置き換えることが出来る!から、

刻(とき)として、「ドッチでも良い」とか、「もっと良いモノがある鴨?」

とか、色いろと「浮気」性で有る!から、

「選ばれる」側としては、自分が判ら無くなるモノ...

 

だけど、それは「ハッキリとした尺度」が無ければ、違いが判ら無い

だから、多くのヒトが、何らかの「NO.1」に成りたがる

 

そんな或種「お山の大将」争奪戦から、ドロップアウトしたモノは、

そんな出来上がってしまった序列の中で

「自分の位置」を造り、それを守ろう!とする

或いは、そのシステムを守る!ことで、自分への風アタリを避けよう

としたり...、色んな立ち位置が、この世には存在する

 

そして、色んな多様性の中、或る程度の「みんなの尺度」が生まれ、

それを共有して、「一つの文明」或いは「一つの塊(かたまり)」の中、

それぞれの活き方!が、そこには在るYoh!になる...

 

付録 その6

 

いま!世界に、ただ2つ!! な、デコマル (デコレ )くん in 北見市

(居場所:ハッカ記念館 の後ろ側 高架橋 の脇!? )

 

あの量産型!蒸気機関車「D51 デゴイチ」の影に隠れて!?

総計380両しか造られなかった「挾間(はさま)」な奴

 

それこそ、「新しいこと≒正しい!」に踊らされた、

或いは、何も無くなった & みんながモーレツに!? モノヅクリに燃えていた

昭和の時代に、「鉄の道」を造り、輸送手段の「花形」だった、

石炭を燃やして走る「蒸気機関車」

 

その時代、「ニッポン」が手本にしていた「亜米利加」の向こう側

欧羅巴では、まだまだ現役で走っている彼等(蒸気機関車)だが、

「ニッポン」では、効率化!の一言で、彼等の多くが「何処かの公園」等

で佇(たた)んで居る...

 

蒸気機関車 D50 」 の雄姿
D50.jpg

 

 

「D50 25」の横顔

D50横顔.jpg

 

説明文

D50説明文.jpg

梅小路蒸気機関車館 に、もう一つの生き残り!? の「D50 140」さん

  が居る!らしい 

 

参照: 尾も白So!な、「テッチャン」系HP

 梅小路蒸気機関車館

 くろがねのみち

 AGUI NET

 もりもり鉄道

 JR/私鉄 鉄道車両図鑑