hot_eyes 雑記帳

オフィスに掲載しない「小ネタ」を描く場所

立身出世

みんなが、一生懸命 「 立身出世 」をしようと、何かに取り付かれた様に、働いていた昭和の時代

既に、その言葉も、死語の世界へ行って終った?

 

そんな昭和の時代は、まだ!? 「末は大臣、お医者様」っていうモノが価値を持ち、「大きくなったら、何になりたい?」って聞かれた時の、『定番』だった

 

然し、いま!は、「大臣」は沢山居る!! 上、その扱いは、軽~くなり、お医者さんは、サービス業の括りに入り、常に「訴訟の恐怖」に慄(おのの)き、

『先生』という言葉は、尊敬の対象ではなく、逆に厭味(イヤミ)な隠語に変わって居る...

 

そんな中、いま!の、日本の「総大将」である蓮の、内閣総理大臣

余りにも、ノラリクラリと、軟体動物ヨロシク?

既に、その態(てい)を為して居無い!

当に!? 若かれし頃、自分が反対&否定!して来たモノと、

同じ穴の狢(ムジナ)化している

 

昔、民主党 が、いま!の、ロゴマーク では無く、

「デモクラシー ( Democracy ) 民主主義 」の、『D』を使ったロゴで、

旅立った『現場』に立ち会った人間としては、何たる体たらく化?で有る

 

その頃の、菅クンの声&言葉には、『魂』が有った

浅草での演説には、一緒に居た、鳩さんチームより、

腹に響く「芯」を感じるモノだった...

 

然か~し! いまの、困ったときの「鼻に掛かった声」には、ヒトのココロが感じられん

言葉遊びも、いい加減にしろ!也

 

市川房江 女史の下で、活動していた頃は、

その時の多くの若者に違わず、「立身出世」を目指して、克!何らかの『信念』を持って居た蓮

 

そして、また眼に見えて「これを遣ったヒト!」と言える、

厚生大臣の頃の、「 薬剤エイズ 」の顛末のあと、

それ以上の「ニッポンの課題!」を見据えて、民主党に参加した蓮では無かったの化?

 

一時期、そのセンターフォワードを辞めさせられたとき、

四国の、八十八箇所巡りで、キミは何かを、弘法大師(空海)に託されて、

元の鞘(さや)に還った!? のでは無かったのかい?

 

既に、その手法は「過去のモノ」にしなければ、遺憾!

一郎くん に鈴を付けられない、永田町の住人 の不甲斐無さ!! も、現実問題としては有るが、それは今後に託される!蓮

 

それもさることながら、君達の世代には、まだ残っていた「立身出世」観では、頂点に登り詰めたから、それを手放したくない思いは判らないでも無いが、それが、未だに?日本人のココロの隅にある、所謂「士農工商」という尺度で推し量っても、本来「士」が心得なければ如何!! 「身の処し方」は、

『 潔(いさぎよ)し 』である

そして、自ら!それを決断するのが、由(よ)しとされている

 

いま!日本に求められているのは、その心構えを誰かが見せること

「歴史」に残る為?には、いまこそ、自らに「断」をせよ!!

 

誰も、実際に「腹を切れ!」とは言っていないのだから...

「生き恥を晒す」のは、御免!! という見方もあるが、

それが、いま!の民主主義の在り方なのだから、そこから逃げては遺憾!

 

やなせたかし

20110322mog00m200030000p_size5

ちばてつや 作 

J201103180617