hot_eyes 雑記帳

オフィスに掲載しない「小ネタ」を描く場所

「小(しょう)」は「大(だい)」を兼ねる!

普通あるいは通常は、「大は小を兼ねる」では有る

 

確かに、同じモノ!で有れば、大きい(&安い?)方が良いことだ!!

と言って、区別が付かない?あるいは、目立つ!為に、

機能が同じ!なら、大きくしたくなるのが、人間

例: いま!のテレビの標準サイズは、32型化?

一方?自動車は「軽」がイチバン!売れている??

 

また、入れ物で有れば、大きい方が余裕が有って良い!!

で、色んな電子記憶装置は、増々!その容量が増え続けている...

 

その昔?「街」って奴も、大きい方が良い!ってんで、

その時代、世界で有数なサイズの都市として、「江戸」は存在した

多聞(たぶん)!世界一( No.1 )!! だった

 

それは、自然発生的!? に、ヒトが集まって来て!そうなったという側面

と共に、その底に「都市計画」というモノが存在した!

から、それだけの人口集中に耐えられた!と言える

 

いま!でこそ、

百万人都市は、世界では「星の数?」ほど存在し、

日本では、11市 (横浜市、大阪市、名古屋市、札幌市、神戸市、

京都市、福岡市、川崎市、さいたま市、広島市、仙台市)存在

して、「30万」まで、ランキング!すると、71市まで増える

※但し東京都関連を除く

 

余談?だが、即に言う「 政令指定都市 」は、いま!19市有り、

特別扱い(≒下手な「県」より優遇)!? されている

 

で!そのココロは?っていうと、『上から目線(管理者)』からいうと、

「同じ人間」なら、選ぶ対象は沢山有れば、トッカエひっかえ!? 出来るし、

必要で無くなれば、顔の見えない?ガラクタ箱に返して仕舞えば、

オラ知らん!顔を決め込められる

 

単に、数字だけ追い駆ければ、事が済む!感で、モノゴトを遣れる

ワケで、本人にとっては「楽チン」である

 

然か~し!

「一寸の虫にも、五分の魂」が有る!ワケで、

いま!の時代は、それを大切にする時代になった

 

「専門家」じゃ無いから生物学の「細かいこと」は判らない!が、

「生(活)き物」は、大きく分けると「植物と動物」になるが、

それぞれの「物(≒存在)」の、生体的な構造は同じ!ワケで、

部品数(例:「足の数」?)が違ったり、

機能の統合(例:「胃と腸」が一緒?)の仕方が違ったりするが、

何かを食べて、排泄物を出す!! の繰り返しをしているのは、同じ!

 

だから、何でもかんでも「大きいから良い!」は当てはまら無い

それこそ?巨大化した、恐竜たちは、いつの間にか!? 鳥類に変わり、

鯨(くじら)たちは、その多くが、絶滅危惧種 扱いになっている

それこそ?イチバン数が居る!? 「種」は中ぐらいのサイズの場合が多い

 

当に、いま!巨大化する「都市」は、絶滅危惧リストに載って終った!!

位の感性!? を持って、コンパクト化しなければ、

もっと大きな「種」が絶滅する象!! な意識を持って居なければ、

遺憾&如何!と思ったりもする

 

1つの「社会」として、必要なモノをカウントし、活!それを動かす為の、

必要人数を積み上げていけば、適正な「街」のサイズが観得て来る蓮

 

多分?それは、2~3万人を、「一つの単位」とした位のサイズ

それで有ればヨロシイ!! なモノに落ち着く蓮!で、

要らぬ!! 競争をしなくても、「自分を実感」!出来る空間の中に

それぞれが存在出来る場所になる蓮

 

モノゴトの大きな流れは、小 → 大 → 小 ...の繰り返し!

で在り、違う「土俵」を創りながら、お互いに情報を共有しながら、

より洗練&熟成して往けば、見た目の「大きさ」という呪縛から、

逃れられる是 ベイビー!!