hot_eyes 雑記帳

オフィスに掲載しない「小ネタ」を描く場所

持ちつ持たれつ!な関係

この世は、当に「個人の、好むと好ま然るに関わらず」

色んなモノゴトが、色んな関わりに於いて、繋がって居る

それは、危うい!? ヤジロべーの如く!な関係である

 

持ちつ持たれつ!な関係

0721_やじろべえ.jpg

「ヤジロべー」は、適当に左右のバランスが取れていて、揺れている!

だから、面白い!也

 

これが、全く揺れなかったら、誰も見向きもしなくなる

一方、片方だけが、必要以上に重くなれば、揺れる処”か、

ヒックリ返って終う... 風に揺れている位が、ココロを和ます...

 

そんなヤジロべーな関係がアチコチに存在するのが、ヒトの世である

 

だから、バラバラに風に揺れていればイイ!それぞれの勝手!?でしょ

って思うことも出来るし、何処にどんなヤジロべーが居るか?も、

理解しなくても好い!って考えることも出来る

確かに、Do 考えるの化は、最期の処は「個人のチカラ」

 

然し、タダ単に、それを「そのまんま」何もせず、理解しようとしても、

色んなモノゴトが複雑になっており、簡単には「自分の辞書」に、

描き映すことは出来無い

 

 

ココの処、リアルに動いて、色んな処に出没!した

例 仮 INDEX 陀是!

今月だけでも、色んなページが、総計40P!? を越えてしまった

 

それらのページも、色んなモノゴト(含む写真)を、端折(はしょ)って

描いているので、この間に、色んなことを見聞している

その中で、縮小して「ダイジェスト版」として、描き出したまで??

 

そのページだけでも、色んな要素があり、単に「日付」で描き出しただけ

であり、そのまんまでは「何が何だか?分らない」状況である

 

喝! ポスターのページだけ や、報告のページだけ を取り出しても、

既にインデックスのページを創らなければ、如何!と思っている

 

この世は、色んなモノゴトが同時進行!しており、それぞれの「界」

の中でも、色んな物語が進行!! している

 

一方、この世には「色んな道具」が在る

 

その中で、「数字」っていうモノを根本の処で支えているのが「秤」である

ツマリ、「右のモノ」と「左のモノ」を、同じ!ということで、置き換えること

により、色んなモノゴトを、関連付けること

 

それを、視覚的に解かり易く表現したのが、以下の写真「秤(はかり)」

0709_秤.jpg

 

いま!世の中には色んな分野の「専門家」が存在し、アレやコレやと、

自分の出番が来るのを、手薬煉(てぐすね)引いて待っている??

 

だけど、単純な「重さ」比べであれば、良い!が、

必ずしも「目に見える」モノばかりを、数値化しているワケでは無い!

から、どんな論理の上に、それを「同じ!」としているのかを

よく吟味しなければ、間違った方向に連れて行かされる!!也

 

オマケ...

 

今年は、アチコチで「蝉(セミ)が鳴か無い」状況に有る?模様

 

そこで、お袋が朝、散歩して居た時に、道に落ちていた奴

を、ブローチのYoh!に付けていたので、激写!?した

 

蝉(セミ)

0723_蝉さん.jpg

 

蝉の正面

0723_蝉くん正面.jpg

 

写真を見ていると、6本足の前足一本が見えないので、

正面からも、写真を撮ってみた

すると、その「右前足」は、折れ曲がっていて、

所謂「奇形」な蝉だった模様

多分、この子は「蝉の一生」を、マットウには生き切れない蓮

 

数年の地中生活のアト、最期の十数日の間、「成虫」として生き、

その一生を終えるのが、一般的に「蝉」と謂われる昆虫

 

蝉から見れば、「外野手」な、人間の目から見れば、

今年は「異常に、蝉が少ない?」って見えるかも知れないが、

その蝉の何倍もの「蝉の子供」!? が地中で生きている?蓮で、

タマタマ、今年は成虫チームが少ないだけ?? なのかも知れない

 

モノゴトを判断!するときに、色んな視点&立場が有る湧け!!

で、それこそ「複眼」でモノゴトを判断しなければ、

何処かに「妖怪」が巣食って仕舞う?? のが、ヒトの世である...

 

それが巣食うと、「2本前足」が見え無く?なる!?

0723_蝉くん.jpg