hot_eyes 雑記帳

オフィスに掲載しない「小ネタ」を描く場所

観る!角度で、全然!? 違う

○各ページへの「ジャンプ台」

   ※以下の、アンダーバーの出る処をクリック!すると、そのページが拓く!

  いちおし! GoGo!! 郷!to the 阿寒(あかん)!

  ポスター展

  NEW 「お祭り」系  「募集」系  「常設」系  スタンプラリー&色んな「道」

  博物館&資料館

  NEW アイヌの歴史  旭川市内  各  地  その他(マンホール集ほか)

         教えの道

  これからのイベント集 on 北海道ブログ

 

今回、松浦武四郎との旅、第2弾?で、道北の真ん中?の

士別市&旭川市ほかの、街を走った

 

確かに!その昔、緒法尽(オホーツク)まで辿り着くには、

1)日本海側を北上 2)太平洋側を北上 3)山の尾根を歩破

の、3種類の「道(≒未知)」があり、多分「この順番」で、

先人たちは、北海道に入っているらしい

 

この街 (士別) は、天塩川の両岸に広がる平野に開けた土地であり、

「屯田兵の街」でもあるが、色んなそれ以外の歴史もあった模様

 

基本!この地では天塩川は、北へ向かい(北上)して、海へ向かう

 

ヒトは知ってしまえば? 「川は、高い所から低い所へ流れる」から、

川を描く(≒イメージする)とき、上流から考える

が、知らない&準備されていない「地」は、下流から眺める!もの

 

それが、以下のポスターの「視点」である

先人たちは、ときに歩き、ときに船に乗って、その川を昇った

そこに「楽園 or パラダイス」が在る!と信じて....

 

0801_天塩川.jpg

 

が、然し!?

いま!の様に、道路が縦横無尽!? に張り巡らされた時代には、

その刻!! の「視点」を忘れて終い、現在の状況が「昔から有る!」

と思って仕舞う

 

或いは、そこまでの「積み重ね」を忘れ、その有り難味を感じなくなる者

ときには、視点を変えて、モノゴトを診て視ると、何かが観得て来る...蓮

 

「話し」は変わって!?

 

いま!の時代は、言葉が武器である

 

その昔、未知なるモノと出会う可能性が多い場合、

その手には「道具」として、武器が必要だった

私は、その頂点に「日本刀」がある!と思っている

 

それは「湧別技法」で創られた、細石刀の延長線上にある、

火のチカラを借りた、多々良(タタラ)の技術の粋を集めた、

『2つに分(別)ける存在』としての完成度の高い、道具

 

1) 北鎮記念館 にある、刀たち

0801_忍の色いろ.jpg

 

2) 旭川市立博物館 にある、アイヌの刀( 刃は鹿の角 )

0801_鹿角の刃.jpg

 

3) 士別市立博物館 にある、エスキモーの「ウル」

0801_エスキモー・ウル.jpg

 

1)と2)に関しては、実際の「切る」ということを目的にしている訳では無く、

或る種「役割の象徴」という意味が負荷されている

 

だから、「実際の切れ味」ということは問われ無いが、

何時の間にか?多くの「幹部」が、創るのに楽!なサーベルを腰にぶら提げる様

になってから、日本はオカシクなって行った... それは当に、いま!と同じこと

 

「虎の威を借りる、狐」 or 「その役に不足な者」が増えると、世の中纏まら無い!

 

確かに、火(電)力と鉄という、道具を手にした時代で、色んなモノゴトが変わり、

それを持て余しているに等しい時代ではあるが、変わら無いモノもある

 

基本!道具には罪は無いし、使いYoh!である

そして、道具は少しずつ進化をし、そこに使う者の「心」を映すモノ

 

将(or 雅)に!今の世の中は、「言葉」の時代であり、

それが「武器」になっている

如何にして、それの塩加減をハカリ(秤)、何を共有する化?である

 

自分には「押ッ忍!」を、他のヒトには「 Do more(どうも)!!」也