hot_eyes 雑記帳

オフィスに掲載しない「小ネタ」を描く場所

色いろな「道」

ヒトが繋がる!為には、「道」が不可欠である

 

文章として書かれた「北海道の歴史」の多くは、ここ200年程度である

然し、探して観ると、その歴史は、

約400年前、江戸時代初期からの記述を持つ街は、海沿いに存在する

 

北海道の地図

 

その最初のモノは、海沿いだけ!でマルかった

徐々に、それは内陸に向かい、

明治後期(20年以降)にやっと、その広大さが分かってくる

然し、それまでの記憶が、いま!のアンバランスな「支庁」割に通じ、

その可能性を阻害していることは、確か!也

 

今までに無い ≒有り難いモノを創る!ことは、それが新たな財産になる

 

内陸に向かう中で、この200年の間に、

最初は、ヒトの足&お馬さんによる「駅逓」

その次に、民間を含めた「鉄道」

そして「道路」や「高速道」へと、新しい「交通網」を造ることで、

おカネが廻っていた

 

しかも?未だに!? 際限無く「道路&その他のモノ造り」は続いている...

どういう状態を「普通」化するか?の論議無しで、それが続けられている

それは、扨!置き

 

タカダカ!? 200年の歴史の中で、内地(本州)では千年の歴史を掛けて、

カタチ造られた「街道」を造って来た~ッから、歪みがある

 

先ずは、いま!の状況を分析し、それぞれの特性を活かす!為に

それぞれを有機的に「役割ブンタン」させなければ、

いつまでも、造り続ける無限地獄!? に陥って終う

 

それは、物理的な「道路」という、物理的範疇を超えたモノゴトにも

通じる、いま!可能性あるモノゴトに共通した『カタチ』である

 

北見への道!

0917_北見への道.jpg

 

鹿山駅逓跡地

0917_鹿山駅逓跡地.jpg

 

ちょっと時間があった!ので、十勝地方まで行ってみた

 

陸別町 銀河の森 (コテージオフロードレース

0917_銀河の森.jpg

 

銀河の森天文台

0917_銀河の森天文台.jpg