hot_eyes 雑記帳

オフィスに掲載しない「小ネタ」を描く場所

ブレーキの無い自転車

最近、折りタタミ自転車を買った

0917_自転車.jpg

ツール・ド・北海道 応援!仕様 

 

リサイクルショップで買ったので、多分、新品定価の1/3位?哉

クルマに積んで置いて、アチコチで、街乗りで活躍!! している

 

ちょっとした距離、クルマでは入って行けない所では、

クルマから下ろして、乗り換える!と、行動範囲が格段に違う

ココの処やっているイベント?でも、

根室市 & 釧路市 & 帯広市 で大活躍!した

 

ノーブレーキピスト

 

「個人の自由」を限定しては活け無い!論もあるらしい

が、あくまでも!『公道』で、移動の道具としての自転車に求められる

のは、「走る&曲がる&止まる」の三原則であり、

それが出来無いモノを持ち込むのは、

「個人の自由」の範疇を逸脱している

 

いま!ドンドン、世間のマナーが変わって来てはいるが、

「道具」である以上、色んなヒトが往来する場所では、

そのモノが移動手段である以上、

「止まれ無い」 or 「「止まり辛い」モノである以上、

使用禁止!である

 

逆に、変な入口論で、ゴチャゴチャしている間に、

必要外の輩が紛れ込んで、不必要な行動をする!! から、

ヒト任せにしないで、関係者の中で、結論を出さなければ遺憾!

 

それにしても、今までの世の中では、

多くの前例としての「ブレーキの無い自転車」操業は、

公の場所で行われている

 

未だに?先の見えない、原子力問題も、その中に、

ブレークの無い自転車が紛れ込んでいるから、未来が絵描け無い

 

それこそ、紙の上でしかモノゴトを考えることしかしない者に

結論を出させようとしているから、

未来が観得ない!

 

壊れた?のなら、直せる可能性が有る

だけど、「無いモノ」は無い!分けで、

そんな者を一度、排除しなければ、次のステップは見つからない!