hot_eyes 雑記帳

オフィスに掲載しない「小ネタ」を描く場所

四十八手(しじゅうはって)

「四十八手」と言えば、基本! 相撲の決まり手の分類である

 

相撲と言えば、プロで括られる「 大相撲(日本相撲協会) 」と

分類:アマチュアの「 日本相撲連盟 」がある

あの!? 琴光喜は、連盟の全国大会で、何連覇かして、大相撲に参入

した、経歴を持ち、その後、どんな扱いになっているの?哉

 

また、「四十八手」とは、『技』が沢山ある場合の総称として、その亜種?

として、その他の分野でも使われていて

 

だから、48種類に±(プラスマイナス)で、沢山有る!場合のまとめて

「全体で、色いろ有る!」場合に使われる言葉

 

だから、相撲の場合、決まり手は、押し出し+上手投げ+下手投げ

アタリが、8割を占めるし、通常は、その全部が見れることは無い

だから、「技のデパート(例:舞の海)」な力士の場合でも、

年間6場所(90取り組み)の中で、その1/3の種類を繰り出せる!

位で、基本!の技は、その1/5である

 

然し、「記録&記憶」に残す!為には、

勝敗だけでは無く、「決まり手」にも名前を付けて置なければ、

描き移すことが出来無いので、分類が必要になる

 

1つの世界の中には、名前で分ける!! 必要が在る!也