hot_eyes 雑記帳

オフィスに掲載しない「小ネタ」を描く場所

バチツル渓谷(&警告!? )

主に? せせらぎ公園という、限定されて場所での、事業をまとめた、

夏に行なっていた、第1期!? の、「治水事業」のまとめ を、8月に描き、

その後、それ以外の場所で、「街の中の治水事業」を行なって来て来た

 

ほぼ「全体像」が観得て来た~ッ!ので、まとめを描く

「写真を観ながら読める」用に、文章は、ココ(をクリック) に、別建て!

で、描いてみる

※「ページの構成&カタチ」としては、1枚のページの上に有る!のだが、

  通常の表示 では、折り畳まれていて、見えない

  (但し、検索エンジンやブログ上で「検索」すると引っ掛かる!? )

 

命名! バチツル渓谷

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hot_eyes/20161130/20161130011012.jpg

 

1) 3月18日 作業を始めた頃の、「水溜り」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hot_eyes/20161130/20161130011046.jpg

2) 3月21日時点(20日に約20cmの降雪後)での、風情

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hot_eyes/20161130/20161130011109.jpg

3) 3月23日時点の風情

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hot_eyes/20161130/20161130011120.jpg

4) 反対側から撮影 氷を含めた「水」が溜まっている

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hot_eyes/20161130/20161130010957.jpg

5) スノープッシャー(&カッターラッセル)断崖 23日に撮影

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hot_eyes/20161130/20161130011025.jpg

※ カッターラッセルの高さは、約25cm 位なので、その高さ、約30cm!!

  いくら何でも「段差が有り過ぎ!」

 

6) バチツルの、刃先まで、約20cm

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hot_eyes/20161130/20161130011107.jpg

7) そのアップ!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hot_eyes/20161130/20161130011134.jpg

 

8) 青看板 「国道240号&国道243号の交差点まで、300m地点」の、

  信号器の交差点の、左側を入る

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hot_eyes/20161130/20161130011042.jpg

 

付録: その他の「現場」

 

命名! 路上のスカート

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hot_eyes/20161130/20161130011130.jpg

 

命名! 美冨(みとみ)坂の湖 3月15日

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hot_eyes/20161130/20161130011100.jpg

 

おまけ! 美幌霊園は、未だ!? 雪の中... 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hot_eyes/20161130/20161130011049.jpg

【説明&まとめ】

 

この場所は、以前から、大きな「水溜り(トキに、水深 約30cm!)」が

出来る場所で、数年前から、気が付いたときに、「排水作業」を行なっ

て来ていた場所である

 

写真に写り込んだ「モノ」 &写真8) を診れば、場所は特定出来る!と

思うので、あえて詳しい場所の説明はしないが、美幌町を巡回している

「ビーボちゃん号 ワンコイン(100円)バス」の走る、或る程度、交通量

(歩行者を含む)の多い場所である

※バスの運行経路は、参照: ↓下の方にある地図

 

先ず、何故?「バチツル渓谷」と命名したか!と言うと、今回、それを創

る!? 為に使った「道具」が、鶴嘴(つるはし)の兄弟?のバチツルであっ

た為、然も!? 丁度、刃先の長さ(20cm)の高さの「渓谷?」になったので、

そう命名してみた

但し、これは数日で消滅するので、その「現場」近くに住んでいなければ、

現物を観ることは出来無い...

 

話しの「前段の前段」になるが、クルマ社会になって久しいが、クルマそ

のモノの基本的な(走行)性能、そして、製造会社の努力で「タイヤ」の滑

らない性能は日進月歩で、極限まで上がっている

多分、これ以上の「改善する部分」は(動力部門以外)無いに等しいレベル

に達している蓮

 

が、タイヤを転がして走る!以上、多くの車の「タイヤのサイズ」の関係上、

約 10cm 以上の段差は「道路」の上に有っては、イケナイ!

また、物理的な法則!で言えば、タイヤと路上(主に、アスファルト)の間

に「水や砂!! がある」から、スベル!のであって、如何にして?その状況

を避ける化!が、社会インフラとしての「道」に求められている要件である

 

既に、90年代に姿を消した、スパイク・タイヤ に換わり、ほぼ全てのクル

マは、スタッドレス・タイヤを装着している

その為、路面上にある「雪」は、それに拠って「圧縮される状態」にある

 

そして、最近の除雪の方法(&規定)は、毎回、除雪&排雪するのでは無

く、3回に1度の積雪に対して「まてい(丁寧)な、除雪」を行い、それ以外の

場合は、圧雪するのが、「通例」になっている...

 

その基本は「平(たいら)になったら、OK」と言えるモノで、だから!上記の

様な場所が、出来る!! 土壌になっている

※ 喝!個人的には、ココがイチバン!! 「最悪な状況」にあると診ている

 

それこそ! 「道具」は徐々に劣化していくのが、定めではある?が、それ

を使う側の「メンテナンス」が、より重要であり、そこを、手抜き?(的)にな

ると、トキにそれは「宝の持ちグサレ」で、上記の写真の様になる

 

或いは、限られた「予算」の中で、より良く!する為の、設計図(&計画書)

の書き換えは、常に必要で、臨機!応変に「現状に則して」創り直さなけれ

ば、イタダケナイ

 

併せて、「道路」は繋がっていて、ナンボ!であり、多くのヒトは「住所から、

目的地まで!を循環している」のであり、住み佳い街(場所)とは、その空

間が、トータルで「良い&好い&よい事!」が求められているのであって、

「極論」的に言えば、それぞれの「担当者」の持ち場の割り振りは、言うな

れば、関係は無い

 

確かに、北海道の場合、「国道は、北海道開発局、道道は、北海道庁

そして、市町村道は、それぞれの市町村 」が、メンテナンスを行なうこと

になっている

 

然か~し! 毎年、みんなが思う、「除雪が悪い!場所」は、その境界線

にあることが、殆どである

だが、「予算が無い」と言われれば、それまで?にならざるを得無いが、

少しでも努力を感じることが出来れば、ショウガナイ!の範疇が拡がる蓮

である

 

前提!として、場所に拠って「状況は違う」が、常に一定の「高さ」と思わ

れている「道路」ではあるが、冬季は、国道は、約5cm程度、道道は、約

10cm、市町村道は、場所に拠っては約20cm!程度は、地中の水分の為

に、盛り上がる状況にある (アスファルトも、それに併せて動くので、常に

ヒビ割れの脅威に晒されている)

 

故に、その「接続部」では、その差!に拠って、春&夏&秋期との、路上

の水の流れが、色んなカタチで変わることになる

その1つが、冬場の水溜り!であり、出来て「当たり前!!」 である

 

去年の夏の終わりから、始めた「街の中の、治水事業」を続けている中で

感じたのは、雪解けは、雪が降り始めたときから、始まる!

ということで、先ず、冬口!? の対応!が出来れば、水溜りを小さく出来る

ということに始まり、除雪の仕方を工夫すれば、状況は変わって来る!と

いうこと

 

このページで取り上げた「場所」は、色んなモノゴトから診る!と、構造的

に「水溜り」が出来易い(根本的に、町道の中でも、造られたのが一番古

く、排水が悪い)場所ではあるが、場所が場所!なだけに、「圧雪では無

く、排雪で対応」すれば、少なくとも?「渓谷を創る」必要は無くなるハズで、

それこそ!5)の、約30cm の高さの、断崖になることは無い

 

当初、18日に、手掛け始めた!時点では、国道側に、水の流れを創ろうと

したが、そこに盛られた「雪&氷の量」そして、高さの違いでは、機械を持

ち込まなければラチが明かないと思ったりもしたが、20~21日の積雪 の

アト、また?圧雪していて、個人的には、なお一層、ムカッ!と来ている

それでも、バチツルで「水の道」を創れば、状況は変わる!と思い、約20

mの長さの、渓谷を創って措いた

 

この場所以外でも、 「命名! 美冨(みとみ)坂の湖」の場所も、それと同じ

「構造」で水が溜まっているし、『住民参加型の、除雪』を考えれば、「命名!

路上のスカート」の様な場所の、氷を割る!! だけでも、春の訪れは、早くな

る蓮である

 

確かに!雪は、暖かくなれば、消えて無くなるモノではあるが、クルマと道

路の間に、挟まるモノが少ない!! 事に越したことは無い

 

今回、東京!出没 (2月)中に、我が家のまん前!の交差点で、交通事故

が起こっていたので、より気合が入ってシマッタが、それこそ、「安全&安心」

とは、機械やスローガンに頼る?のでは無く、如何にして!」「手分け」をす

る化?であり、そのコーディネーションが問われている!! と考える

 

以上、(個人的には)消化不良?ではあるが、まとめとする

 

0305_ビーボちゃん号(大).jpg