hot_eyes 雑記帳

オフィスに掲載しない「小ネタ」を描く場所

6月20日

 

皆さん、押ッ忍!& Do more!!
オフィス http://maruta.be/OFFICE/76 に、いま!それなりに「纏まった」ブログを、まとめて?みた
マダマダ、追加しなければ、活けない!が、自分の関連するブログを録って(ブックマークして)置けば、アトで使える蓮!是世

果て扨! 誰も遣って居無い(克!みんなに必要な)事を遣る!! のが、私の役割
差し当たり?「顔の観える化!(twitter 連携)計画」の、ブログ創りをススメYoh!
使いYoh!に拠っては、この世が変わる!のだが、説明している時間は無い?哉
今日も一日、頑張ルンバ de 業!也

矢ッ張り?「自動流し込み」は、安定しない
だけど、短い「短冊」を多量にココに流しても、世間迷惑!? だし、
使い方が違う!と思ったりもするので、設定をオフにする哉

そう言えば、
安倍晋三クン 
https://www.facebook.com/abeshinzo
(いいね 181,132 コメント 1,798 シェア 941)
と、
細野 豪志クン
https://www.facebook.com/goshi.hosono
(いいね 984 コメント 282 シェア 53) 
の、FB 上の「論争」
結局、「短冊」を使った遣り方は止めたみたいだ

確かに!世界的に普及している「社会インフラ」化
したシステムではあるが、それこそ「1企業」の造
った「道具」である
意図的な改ざんは、ほぼ有り得無い!だろうが、
全くそれを使わなければ、「話しに為らない」ワケ
では無い

「本分!」としては、日本を良くする心算で居る蓮?
の2人であるから、それを見失わなければ、落とし
処は有る!ハズである
その方法は、幾らでも有る!
ココの処、選挙運動の「インターネット使用」解禁!
で、色んな所が動いている模様
だが、結局の処は、「本人の日頃の活動」が大切で
あり、その『実(リアル)』が無い者が道具で武装!?
しても、化けの皮が剥がれる!也
選ぶ立場の者!は、それを見極める「眼」を持たなけ
れば、イタダケナイ!也

ココの処、NEW スポーツ maruta.be/SPORTS(← 旧 スポーツ maruta.be/Sports )のページを創りながら、ジャンル:スポーツ 担当 の「目玉オヤジ」のリストの創り直し&追加をしながら作業を行なっている

 

モノゴトの「順番(並べ方)」は重要!だと思うので、今までは、必ず「リストは、20件」創って、その中で『分野別』の場合は、上から順番!に、上部組織 or 関連する人数の多い処?から、並べる用に創っていた
が?いま?は、一度創った「リスト」は、変更ボタンがあるが、書き直しが利かない!

 

『地域別』の場合は、日本を16の地域に分ける!カタチは、固定!したので良いが、それにしても、当初1つのアカウントで遣る!心算で居た「ジャンル」 を、2つ以上の「担当」(≒ 分野別 & 地域別は、別。)で手分け!することにしたので、その場合においても、リストの創り直しが必要になる

 

そんなこんな(&それ以外の要因もある)?で、過去の「準備」が、逆に足枷!になっていて、ふた手間み手間!? になっている
然か~し!その過程に於いても、色んなことが勉強になる!? ので、手間を惜しまず?(但し、どう遣れば、手間が減るか?を考えながら)前へススメ!である

 

So!言えば、ココから「Facebook への自動流し込み設定」を行なっているが、すべての「短冊」が流れる!ワケでは無いらしい
どうしてそうなる!? のか、理由がワカラナイ!が、もう少し「様子を診る」が、機能として安定しないのならば、止める!という選択肢もある?と考えて居る

 

ひと言で「止める!」と言っても、
1)「自動流し込み」を止める!
2) Facebook を止める!
3) twitter を止める!
4) インターネットを止める!
5) コンピュータを止める! ,,,etc,
の「選択肢」があるが、どの塩梅で止める化(&可)で、様相が変わる!

 

ココの処、ますます複雑(&怪奇!?)になっていく、電脳界
伝達事項は「デジタル(1&2で出来ている)化」されている!
だから、絶対に間違いは無い!と思われているが、色んな要因(&タイミング)で、データが途切れトギレで流れた場合、思った通り!の「レスポンス(結果)」は得られない模様

 

例: 私の場合は、物理的に「非力なCPU & メモリーサイズ」の上で、
同時進行!で、複数のブラウザ&アカウント(ユーザーID)を使って、それを切り替えながら、使っているので、時たま!? 機能(PC 側の作業)がブツカってしまうことがある
結果?フリーズすることもある

 

喝! それぞれの「ウェブサイト(の表紙)」には、広告が貼ってある?
だから、PC側としては、それの表示作業も行なわれている!から、その作業も済まさないと!? 次の事が出来無い!らしい
そんなこんなが重なって、操作が遅くなる?ことになるらしい

 

So!言えば、スマートフォンの普及の「先進地」の韓国の子ども達の、1/3が、スマホ中毒!に陥っているらしい
確かに!日本でも、公共交通に乗ったときに、以前は1/10のひと(特に若者)が、直ぐに携帯を開く!だったが、いま?は、老若男女関わりなく!約9/10のヒトが端末を握っている

 

それこそ?スローガン「何時でも&何処でも&誰とでも」という、ユビキタス世界は、可能性!としては、良いこと
だが、それに振り回されて居る?ウチに、それこそ?(仮)機械に支配されている世界!化していると言える状況である
通常の「SF小説」では、悪意を持った者が、その状況を作る!だが…

 

飛んで火に入る、夏の虫!的に、誰も命令したワケでは無く、自分の方から「そうなった?」な感じがしてならない
それは、人間の「過去の歴史(記憶)」の中で、何度も繰り返された、集団ヒステリーに拠る『破滅への道』に似ている!と感じている
ときに考え一つで、この世の「見え方」が変わって来る

 

確かに「そのボタンを押す」のには、或る面?勇気(&覚悟)がいる!
だから(自分判断で)それが出来る?のは、この世には数人しか居無いハズ!?
なので、今までは「実際には使われなかったボタン」の存在
それがブレーキだった時代もあるが、それは「確実に存在する」ことも含め

 

ココの処、色んなモノゴトが「分析(&分類)される」ことで、一人ひとりがバラバラにされてシマッタ!が、何かを理解(&共有)する為には、それは必要だった!? という『狭間』の中で、当に!「間」をどうするか?が、重要な時代になっている
雅に!♪知っているのに、知らぬフリ~ッ?の在り方

 

それこそ?「どうでも良い!」は、何処に或る!?
或いは、何でもカンでも、白クロ or 紅白!に、2つに分けるのでは無く、グレーやピンクを、どう考えるの可?である
それこそ、この世は「善と悪」の、2つだけがあるのでは無く、観る立場に拠って様相が変わる!が如く、第3の道を往く

 

それは、誰かが遣ってくれる(&それに追いて行く?)のでは無く、自分の判断に於いて、行なわなければならない!事であり、
将に!「自分の都合」で、遣る or 遣ら無い?と言ってるウチは、お子様!扱いされても、仕方が無いことでもある
良からぬ「空気」は、顔の観得無い処に蔓延る!モノ

 

そして、ときとして「善意の行動」の積み重ね?が「悪意 or 取り返しの着かないこと」に加担している!そんな事が、ヒトの歴史の中には、沢~山!ある
まだまだ「優しさ」ということが評価される時代ではあるが、ときに烈火の如く!怒るチカラを持っていなければ、それは単なる「自己保身」である

 

なあなあ(NAH&NAH) と、まあまあ(MAH&MAH)の違い!
それを考えるだけでも、背筋が伸びる!と思っている
「鷹は爪を隠す?」風に、天下の宝刀のツメは、ヒト知れず?砥いで居なければ、イザ!というとき、使いモノにならない
…で!ちょっとだけ、スマホから、離れて観Yoh!是