読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hot_eyes 雑記帳

オフィスに掲載しない「小ネタ」を描く場所

地域の「ちから総動員」 活力みなぎる まちへ!!

※後援会 討論資料 

私は 約束 します 0325_アイコン.jpg

 

 斜里町 3つの「宝もの」

  ◆ 世界自然遺産 知床 を抱えた、環境のまち

  ◆ 足腰の強い、農業・漁業・観光の、基幹産業を有するまち

  ◆ 隣り近所が 「お互い様」と、心が通う町民の住むまち

 

 この「宝もの」を基に、あらゆる地域資産(農林水産物をはじめ、地域の技術や経験、知恵、

 風景、伝統文化、自然エネルギーなど)を最大限に活用し、持続可能な、地域社会づくりを

 めざします

 以下の、5つの視点で、ちからを総動員!

 

「自然環境に優れた しゃり」 を 一層みどりいっぱいにします。

 

  世界自然遺産しれとこを背景に

 

  ○自然公園に隣接する近隣自治体と連携して、みどりの広域行政に取り組みます。

  ○環境保全の推進により知床財団や自然ガイド事業所等雇用の促進を図ります。

  ○自然環境に恵まれた町だからこそ可能な知床自然大学構想に取り組みます。

 

 

「元気な しゃり」 を 復活させます。

 

 足腰の強い農業・漁業・観光業を背景に

 

 ○地域資源を活用する知床斜里ブランドなど6次産業を推進します。

 ○観光と物産担当の特任職員を配置して、アンテナショップの開設など観光振興を図ります。

 ○地場産品を活用した「ふるさと納税」を推奨して、地元経済の振興を図ります。

 ○公共の工事や物品購入等の発注に地域貢献度加算を導入して、町内事業所の育成に努めます。

 

 

「人に優しい しゃり」を 子育て支援、高齢者の社会参加に活かします。

 

 福祉の先進地としての歩みを背景に

 

 ○子供からお年寄りまでの交流の場「温浴施設」の建設に取り組みます。

 ○子育て応援パスポート事業に取り組みます。

 ○スクールバスの活用など高齢者対応の町内循環バスの運行を検討します。

 ○保健、医療、福祉の連携を深め、地域包括ケアシステムの充実に努めます。

 

 

「人が輝く しゃり」 を 人づくり、モノづくりに活かします。

 

 文化活動の先進地としての歩みを背景に

 

 ○「しれとこ未来塾」を開設して地域の人材育成に努めます。

 ○遊休施設の利活用など、広い世代の交流の場づくりを支援します。

 ○社会活動振興バスの利用促進を図り、生涯学習機会の充実に努めます。

 

 

「未来につなげる しゃり」 を 確かなものにします。

 

 130余年の歩みを背景に

 

 ○町民自らが企画・立案し、町民自らが審査・実施を決定する街づくり事業「1%支援事業」を復活します。

 ○自治会活動の環境整備を支援します。

 ○役場内組織機構の改革を行い、情報の一元化に努めて住民に開かれた、住民が参加しやすいまちづくり

  を推進します。

 ○住民参加による関係機関等との連携を密にした減災対策を構築します。

 

 0220_村田ひとし左.jpg

 そして、お聞かせ下さい! 貴方の声!!      

 TEL.FAX. 0152-26-7676 (26日、ナローナロー)

 

 お気軽に、村田ひとし 事務所にも、お立ち寄り下さい  案内図