hot_eyes 雑記帳

オフィスに掲載しない「小ネタ」を描く場所

自業自得(≠徳)!ジャ無い象!!

「自業自得 (じごうじとく)」

 

 謂わば、「自分が遣ったことは、自分で責任を持ち、その結果が、

 自分の思い通りにならなくても、甘んじてそれを受け入れること」

 

 然か~し!常に相手が在ることであり、全てが「自分の所為」では

 無いことも在る!のが、現実で有る

 

昨日 ( 6月22日 )は何の日? ( 参照: 何の日カレンダー ほか)

※本来は、このページは、昨日創り始めていた?が、色いろやっていた

  ので、So(23日に)!なった...

 

1) 「それでも、地球は廻っている!」の、ガリレオ・ガリレイ が、

  西暦1633年に『宗教裁判』に架けられた日

 

2) 全く?と言って良いほど、マスコミでは取り上げることが無い!!

  2001年のこの日、「 ハンセン病補償法 」が公布・施行された

  (参照:今日は何の日 )

  それも?やっと、2009年に実施されたらしい

...etc.

 

「ハンセン病」は、本来は感染力が弱いことが立証されている病気だが、

明治時代から「=らい病」はウツル!と恐れられ、それへの対策として、

隔離を進める法案「らい予防法」などにより、多くの患者が、社会から隔

離されて居た

それが、2001年にやっと、その「法律」の間違い!を政府側が認めた

と言われる日

 

1)に関しては、ガリレオの言った全ての「説」が正しかったワケでは

無いが、それでも「いま!」は、小学生でも「地動説」が正しいことを

知っている?し、客観的にも「地球は、太陽の周りを廻っている」こと

は、紛れも無いこと

 

2)に関しては、「ハンセン病」患者にとっては、『人災』の何者でも無く!

史化(しか)も、「国家犯罪」と言えることが、半世紀もホッタラカシになっ

て居た。 しかも?21世紀と言う「いま!」でも、その政策の後遺症は続

いている...

 

忘れては、遺憾&如何!こと

 

以下の「石碑」は、あの!網走刑務所の前、鏡橋(かがみばし)を

渡った先の、右側にある赤い「社(やしろ)」の隣りに佇むモノである

 

碑文「私の手は 厳しいけれど 私の心は 愛に満ちている」は、

阿蘭陀(オランダ)のアムステルダム刑務所の門扉に刻まれたもの

平成2(1990)年に、「刑務所」開基百周年を記念して建てられた

 

私の手.jpg

 

説明文の拡大!
私の手その2.jpg

 

タカダカ!その「歴史」の多くを、200年程度しか持た無い、所謂「開拓

史」に始まる、北海道の歴史

しかし、その中でも「忘れられた?」まま、或いは「伝えられない」もの

そんなモノが、アチコチに眠っている

 

それらを知らぬまま、いま!の自分たちの「欲求&要求」のみ!? で、

モノゴトを判断しては為らん!! と思っている

それは、多くの先人達が起こしてきた、必ずしも「正しくない道」を

繰り返す蚤(のみ)

 

ちゃんと「記録」されたモノが在る!のであれば、それらのココロの延長線

その上(=「道」)を歩かなければ、多くのことが「亡霊」の如く!

成仏出来無いまま、この世を彷徨う茸(たけ)!! で或る...

同じ「過ち」を繰り返すことに為る!?

 

オホーツクの「歴史」の、断片...

 

『越歳駅逓跡 参照:網走歴史の会

網走市北見市 へ抜ける、道道104号線の、いま!は誰も住んで

居無い「越歳地区」にある、モニュメント
0902越歳駅逓跡.jpg

 

「説明文」のアップ!

越歳駅逓跡.jpg

 

駅逓」部分のアップ!! その1

越歳駅逓跡その2.jpg

 

駅逓」部分のアップ!! その2
越歳駅逓跡その3.jpg

 

その昔、「鉄の道」が敷設去れる前、物流&通信は、「馬の背」に載って、

みんなの手元に届いていた

 

いま!の新たな「陸の道(道路)」の時代の、前の前!の時代のお話し

 

「網走~旭川」の間には、11ヶ所の「駅逓」が在った...

 一号 越歳(こしとし) 二号 端野(たんの) 三号 相内(あいのない)

 四号 留辺蘂(るべしべ) 五号 佐呂間(さろま) 

 六号 野上(のがみ 瀬戸瀬) 七号 滝ノ下(たきのした 丸瀬布)

 八号 滝ノ上(たきのうえ 白滝) 九号 中越(なかこし 上川)

 十号 越路(こしじ 上川) 十一号 伊香牛(いかうし 当麻)

 

注目! 「いま」の、地名として良く知られている「北見市」の姿は無い!

 それ以外の、いまの「市街地」と言われる処は、含まれて居無い...

 そして、その頃の「道」と、いまのヒトがイメージする「道」あるいは、

 カーナビに載っている「道」とは、必ずしも一致!? しない

 

『屯田兵上陸の地 』

 

 国道244号を網走~斜里方面へ往く、「網走港」の入口に有る

 通常は「アレは何?」程度で、通り過ぎてしまうことが多い

 

 ここから!屯田の街「(いまの)北見市」の第一歩が始まる...

 今でこそ、多くの道路が有るから、解らないが、この後、岩肌を登っ

 たりしながら、全国から集まった(&集められた)屯田兵たちは、

 主に「端野&相内」地区へと歩いて往った...

 

網走港.jpg

 

石塔の下にある「説明文」のアップ!

屯田兵上陸地.jpg

 

 

『中央道路 開削工事 網走分監工区基点』

 

 網走刑務所の、鏡橋前の市営駐車場に有る!

 屯田兵の歴史!と同時進行で、いまの「国道39号線」の工事が行われて

 いたことの証拠

 その歴史に、Thank you!! しなければ、頂(≒情) け無い!也

 

工事起点.jpg

 

説明文

中央道路開削.jpg

 

 『網走刑務所 正門』

 

 確かに!その向こう側とコチラ側とは「別世界」である

 いま!の「国境」以上に、そのハードル『壁&塀』は高い!! とも言える

 その中の歴史は、「 網走監獄 」で再現されている


網走刑務所正門.jpg

 

「説明文」

網走刑務所概要.jpg

 

『 刑務所作業製品展示場 ネットショップ: CAPIC

 

 通常は、正門前で写真を撮って、お仕舞い!にするヒトが多い

 が、その反対側にある建物

 色んな「製品」が展示販売されている

 

刑務所作業製品展示場.jpg

 

年に一度!ある「網走矯正展 11月3日開催」

1103網走矯正展.jpg

 

そして、それ以外にも 『 鎖塚 』の歴史も在る!

 

 いま!は、北見市 端野町 緋牛内 になっている 国道39号線から、

 道道104号線へ左折して、約1km 位の左側にある

 

0902緋牛内の鎖塚.jpg

 

自分の「好き or 嫌い」のみで、モノゴトを判断しては遺憾!

そして、自分の意思のみでは、この世は廻っては如何!

 

それらが、織り成して、この世は出来て居る!也