hot_eyes 雑記帳

オフィスに掲載しない「小ネタ」を描く場所

戯け(≒田分け)!と、手分け

「 たわけ者! 」は、愚か者の始まりとして、よく時代劇で聞く台詞

 

だから長い間、日本では、家長制度と云われる、

なるべく、土地を分け無い!時代が続いて来た

また、名主や庄屋は、自分を磨き、それを守って来た

 

然し、「小作開放」という、何となく、正しい!? っぽい言葉を真似て、

土地に沢山、線を引きバラバラにしてから、日本はオカシクなった

 

けれど、分散されたモノの、違う「大きなモノ」が生まれ、

いま!それは、国境という「分け目」を越えて新しいカタチを形成している

 

そして「石高」という尺度、それ以外のハカリの数字を貯める場所

その為に土地が利用され、それまでの価値以上の場所が増えてシマッタ

 

土地(農業だけ)からの開放!それは好い事ではある

けれど、その時の尺度しか持たずに、

いま!に至っているのが、悲劇である

 

けれど、もう一度「手」の価値、

そして「手分け」の意味を考えなけば、遺憾&如何!也